FP GUNちゃん紹介
会社紹介
FPとは?
パートナー紹介
ご相談・お問合せ



ファイナンシャルプランナー
岩本雄一
CFP(R)
知的財産検定2級

(有)オフィス・ジーユーエヌ
TEL/FAX:048-434-6533
mail:
contact@officegun.co.jp













   護身心得:資産運用は大切!
          ライフプランに合わせて背伸びをしないこと!


    ファイナンシャルプランナーとして、金融資産のアドバイスをいかにするべきか…
    結構、これが悩むんです。
    我々は、運用のプロではないので、資産を増やしてあげますとは言ってはいけないと思っています。
    しかし、お客様の相談を受ける際に、資産の増えない運用を勧めるFPはいないでしょう(笑)

    「儲かる商品教えてよ!」
    それだけの情報で応えていくのも、ファイナンシャルプランナーとしてはおかしいと思っています。
    その私の違和感の原因を考えてみました。
    恐らく、「発言に、その人の人生が密接に結びついていない感覚」があるからなのでしょう。

    いま儲けたいんだよね!(私だって儲けたい!)
    とにかく、増えてくれたらいいんだよね!(だったら、FPに相談ではないでしょ?)

    こういう気持ちが私にはあるのでしょう。
    お金儲けを否定しているのではなく、私のFPとしての関わり方の問題でしょうね。
    (という、自分のポリシーみたいなものがあるから、私は儲からない??? 笑)

    それはさておき…
    FPとして、金融資産アドバイスに関わるとしたら、やはり“全ての根幹”である「ライフプラン」に
    基づいて考えることが自然なのでしょうね。

    例えば、老後資金を考えた場合。
    現状の貯金や今後もらえるであろう退職金だけでは、どうしても自分の思い描く老後は送れない…
    ではどうする?
    金融資産の運用は、こういう時のために活用するなら、とても有効だと思っています。

    @50歳の方が、年2%の複利運用で、60歳までに2,000万円貯めたいと考えたとしましょう!
    a)毎年、
約183万円つづ貯めていけば達成!(約15万/月)
    b)現在、約1,641万円持って運用を行えば達成!(これは厳しい!)

    A30歳の方が、年2%の複利運用で、60歳までに2,000万円貯めたいと考えたとしましょう!
    a)毎年、49万円づつ貯めて行けば達成!(約4万円/月)
    b)現在、約1,104万円持って運用を行えば達成(これもやはり厳しい!)

    ※計算は、係数表を使って試算。
    ※計算上、万単位未満は四捨五入。

    b)の方は共に難しいですが、a)の方は、30歳から始めれば不可能ではない貯金額です。
    このように、利息は長く運用する程増えていきます。

    老後に必要な資金を得るために、金利を何パーセントで運用しなければならないのか?
    その
金利設定に無理はないのか?
    もし無理があるなら、別の運用方法を考えようか?
    どうしてもダメなら、節約も考えようか?

    などと、考えるのにブレない指標が「ライフプラン表」になります。
    老後資金に限らず、住宅取得や繰上返済の為や相続税の納税資金対策にも運用は有効です。

    ただ、運用2%で良いのに、リスクを冒して高金利のモノに全額投資してしまう様なことはFPアドバイス
    としてはお勧めできません。
    予定を組んだ運用以外で余力が出た時に、少しリスクのあるものにチャレンジすることを
    お勧めします。

    その為にも、まずはライフプランをしっかり立てることだと私は考えます。

    
ライフプラン上、必要な商品知識をお伝えするところからサポート致します。