講師実績多数!

会社概要

商 号

有限会社オフィス・ジーユーエヌ

代表者

岩本 雄一
(プロフィールは、代表☆GUNちゃん紹介ページをご覧ください)

本社所在地

埼玉県戸田市

設立年月

2000年3月

資本金

3,000,000円

業務内容

講師・分かりやすく伝える人、資産に関する相談、執筆活動
広告・販促提案、イベント企画
文化・教育・体育に関する教室の運営・提案

e-mail

contact@officegun.co.jp

 

広告会社からFP会社へ

2000年3月に弊社を設立した当初は、広告・販売促進の企画会社としてスタートしました。
それまでも広告・宣伝の仕事を渡り歩いてきておりましたので、その流れで見れば、おかしな話ではありませんでした。
ですから、ファイナンシャルプランナー(FP)とは無縁の仕事をしていました。

 

FP業を始めるキッカケは、私の新規営業への飽くなきフロンティアスピリットと(←ホントか???笑)、無知ゆえの恥ずかしい行動力とのコラボレーション???によるものなんです。

 

新規クライアントを獲得しようと考えていた時に、宣伝・販促部ではない、総務部等に企業価値を高める提案をすれば、「企業の資産価値を高める=企業広報になる」と考えたのがキッカケでした。
何が企業価値を上げるものなんだろう…と考えた時に「福利厚生」というワードが浮かびました。
福利厚生といっても色々ありますが、資産知識を持とうと思うようになりました。

 

資産・財務というワードで調べたら、目に入ったのがFPでした。
この時既に、当初の狙いとはズレた方向に向かっていたことに気付きもしていませんでした…
それが、私とFPの出会いです。

 

こうした感違いから始めたFPの勉強でしたが…
「これは、人々の生活に役立つ知識ではないだろうか?」
と思うようになっていました。

 

また、常々思っていた「資産家以外にも資産意識が高まるだろう」という思いを持っていたので、FPの学習内容は「資産家以外にも役に立つことの出来る知識だ!」と思えたのも、FPに魅力を感じた理由の一つでした。

 

これからは、個人の所得や生活は、現状維持すら許されない時代に入ったと思っています。
その中で、「FP知識は、必ず人の役に立てる!」と信じて、資格取得を目指すことにしました。

 

現在は、FPとしての可能性を模索しつつ、サービスを提供させて戴いております。

資産相談のプロデューサーへ

FPは、資産知識を広く浅く学んでおります。
しかし「独占業務」というものがFPにはないため、別の資格を持たないと、知識はあるのに、保険販売も証券販売も不動産仲介&販売もできません。
これを不利だという方も多くいらっしゃいますが、弊社はそうは思っていません。
それは、広告会社の営業を経てきたという経験が根拠にあるのかもしれません。

 

広告会社の営業は、お客様の窓口となり、お客様のニーズを聞き出し、専門家とチームを作ってお客様に提案・進行管理をしていきます。
営業は、自分でデザインを描ける訳でもなければ、イベントを行うにも会場設営ができる訳でも、印刷物を形に出来る訳でもありません。
デザインはデザイナーに、会場設営は施工会社に、印刷物は印刷会社に……と、各専門家に依頼をして、営業はお客様の望むものを形にする進行管理をする訳です。
一人では何もできないのかもしれません…
しかし、お客様の悩みや望みを一番理解しているのが営業であるという自負があり、専門家とコミュニケーションが取れるだけの広い知識は持っている。
その広い知識がないと、お客様のニーズは拾えない。

 

FPも同じような可能性を感じています。
独占業務はないかもしれないけど、お客様の前で、保険や証券、不動産等の広い知識を持ち、最適な提案ができるのはFPなのではないか?と。
専門家は、どうしても自分のフィールドに持ち込んで、自社商品に結び付けたいのが人情ですからね?
(それが悪いこととは言っていません。ビジネスなので、そういうものでしょう。)

 

ですから、資産について相談先が分からなければ、はじめにFPに相談することをお勧めします。
分からないことが分からない……
それを一緒に考えていけるのがFPの強みの一つだと考えています。
そして、コンプライアンス(法令遵守)上の問題で、他の独占業務に関わる提案になりそうな場合、弊社のパートナー様と連携して実務を遂行させて戴きます。
希望があれば、パートナー様との連携・同行も致します。
それは『お客様をたらい回しにしない対応を心掛けたい!』という思いがあります。

 

そのためには、完全中立の目線を持つことが大切だと思っています。
特定の商品や方法等に偏らず、お客様の希望に則して、一緒に進めていきたいと思っております。

 

広告のプロデューサーから、資産のプロデューサーへ

 

私が培ってきたスキルを活かして出来るFPの形であり、弊社の目指すところでもあります。

page top